産経ニュース

【人生相談】私が「解雇」されたせいで大学受験を諦めた娘…会話少なく、父として何もしてやれない

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【人生相談】
私が「解雇」されたせいで大学受験を諦めた娘…会話少なく、父として何もしてやれない

【質問】

 娘との接し方についてアドバイスをお願いします。

 私は55歳で会社から解雇されました。体が悪くて仕事を休みがちだったので、再就職もうまくいきません。当時、中学2年だった下の娘が大学進学を諦める結果となり、私も妻も娘も大変なショックを受けました。娘はアルバイトをしながら専門学校へ通い、今では奨学金を返しながら専門職として働いています。私に対して何も頼ってきません。娘が仕事から帰ってくると「お帰り」と声をかけるなど、なるべく話すようにしていますが、寂しいばかりです。

 7つ上の娘には学費を十分出してやったのに、下の娘に何もしてやれず、情けなくて仕方ありません。家を出た上の娘がたまに帰ってきますが、姉妹の仲は良くありません。家族4人で旅行に行きたいのですが、妻はもう無理と言っています。(滋賀県 60代男性)

【回答】

 声をありがとうございます。娘さんとの接し方についてのアドバイスをということですが、一言で申し上げるならば「付かず離れず…」という感じでしょうか。

 今も実践されている通り、家に帰ってきたら「お帰り」と、娘さんたちに声をかける。会話が弾まなくても一日一回、食事は一緒にとる。それだけでも、十分のような気がします。

 きょうだいの仲があまり良くないのなら、旅行に行ったとしても場の空気が重くなって、家族みんなが気を使って疲れてしまいそうですね。娘さんたちからお誘いがくるのを、しばらくは待ってみるのがいいと思います。

 娘にとって父親という存在は、いつまでたっても近くて遠い存在です。あなたにとっては寂しいことだとは思いますが、致し方ないでしょう。家族以外に、あなたのことをじっくり見守ってくれる相談相手を求めてみることもお勧めします。

関連ニュース

【人生相談】古文書、〝45年前に逝去した祖父の遺品

「ニュース」のランキング