産経ニュース

【日本の議論】「出直せ!」原子力規制委員長代理を激怒させた規制庁の“お役所仕事”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
「出直せ!」原子力規制委員長代理を激怒させた規制庁の“お役所仕事”

原子力規制庁職員に激怒した更田豊志委員長代理。「先祖返りするな」という“愛のムチ”だったのか…

 原子力規制委員会の“要”として活躍している更田豊志委員長代理(57)が、原子力規制庁の職員に激怒した。定例会合という公開の場で、「出直した方がいい」とまで言明し、実際に会合はやり直しになった。なぜここまで更田氏は憤怒したのか。規制委や規制庁は発足から2年以上が経過し、昨年9月には5人の委員のうち2人が交代するなど組織に若干の変化が生まれている。透明性と独立性を旗印にスタートした規制組織が“原発の事故前の状態”に戻ろうとしているのだろうか。(原子力取材班)

リストに職員の名前がない…

 “事件”があったのは昨年12月17日の規制委の定例会合。原発の廃炉に伴って出てくる放射性廃棄物の新しい規制基準の作成が議題に取り上げられた。

 規制委事務局の原子力規制庁の職員が、検討チームの立ち上げや検討期間など今後の議論の進め方を淡々と説明した。

 外部専門家9人で構成される検討チームについては、1年を目途に成果をとりまとめる方針を伝え、規制委の了承を求めた。一見して、職員の説明に何ら問題はないように見えたが、更田氏の表情は険しかった。

 更田氏がまず指摘したのは、検討期間の問題だ。

「ニュース」のランキング