産経ニュース

【コンピョウさんの猛ノック】(中) 異色軍団 黄金時代「球は霊なり」で全国準優勝

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【コンピョウさんの猛ノック】
(中) 異色軍団 黄金時代「球は霊なり」で全国準優勝

嘉義農林のエース、呉明捷の豪快な投球フォーム(堀川盛邦さん提供)

 1929年、嘉義農林野球部の指導を始めた近藤兵太郎(ひょうたろう)は今いる部員だけでは甲子園出場は難しいと考え、学校内で選手のスカウトに着手した。足の速い先住民の陸上選手らには積極的に声をかけた。

 庭球部から引き抜かれたのが呉明捷(ご・めいしょう)と蘇正生(そ・しょうせい)の漢民族コンビ。2人は主力選手となり、エースの呉は早大へ進学後、打者へ専念して、戦後に立大の長嶋茂雄に破られるまでリーグタイの7本塁打を神宮で放つ。

 近藤の才能を見抜く目は確かだった。40年代に外野手だった劉正雄(りゅう・せいゆう)は、練習試合で対戦した高雄商のすらりとした左投手の身のこなしに近藤がつぶやくのを聞いた。「いいコーチに教われば大変な選手になるぞ」。その男こそ戦後のプロ野球へ彗星(すいせい)のように現れた強打者、“青バット”の大下弘だった。

  ●  ●  ●

 近藤は嘉義農林の選手にまず野球の心構えを説いた。「いいか、『球は霊(たま)なり』だ。精神をボールへ込めろ。魂の入っていない野球はするな」。日本人を含む3民族で構成されたメンバーに噛(か)んで含めるように教えた。

 左利きの近藤のノックは野手が捕れるか捕れないか、ギリギリのところへ放つのが得意だった。「ゴロは跳ねてから落ちるところを捕れ」「フライは着地点へ素早く向かい、胸でキャッチしろ」と打球の動きを読む高度な守備を求めた。

このニュースの写真

  • (中) 異色軍団 黄金時代「球は霊なり」で全国準優勝
  • (中) 異色軍団 黄金時代「球は霊なり」で全国準優勝

「ニュース」のランキング