産経ニュース

【メガプレミアム】中国版新幹線「メキシコ受注白紙撤回」で激怒 振り向けば「日本リニア」完成の危機感に煽られ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
中国版新幹線「メキシコ受注白紙撤回」で激怒 振り向けば「日本リニア」完成の危機感に煽られ

 中国の企業連合が初めて海外で落札した高速鉄道プロジェクトが突然、白紙撤回された。入札のやり直しを表明したのはメキシコ政府。落札した中国は「高速鉄道の海外進出が実現した第1弾」と喜びに沸き返っていただけに、冷や水を浴びせられた格好だ。中国サイドは「必要なら法的措置を取る」と怒り心頭だったが、海外メディアによると、再び応札する方向のようだ。得意の「安値」による価格競争力に自信があることが背景にある。加えて、今のうちに着実に実績を積み上げておくことで、将来海外の高速鉄道市場で戦うことになる、時速500キロを超える日本の「リニア中央新幹線」との差を開けておきたい-。こんな見方も浮上している。

怒り心頭の中国サイド

 「こんな国には制裁を加えるべきだ」

 「中国より安い金額で受注する企業なんてないのに。メキシコは何を考えているのか」

 昨年11月7日に中国高速鉄道の受注が白紙撤回になって以降、中国のネット上ではメキシコに対する怒りの声が渦巻いた。中国の情報サイト「レコードチャイナ」が中国メディアの報道として伝えた。

「入札の正当性や透明性に疑いの目が向けられるのを避けるため…」

「ニュース」のランキング