産経ニュース

【日本の議論】NHK報道スタンスが変わった? 「籾井効果」か…「政府寄り」怒る市民団体、番審は「バランスよくなった」 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
NHK報道スタンスが変わった? 「籾井効果」か…「政府寄り」怒る市民団体、番審は「バランスよくなった」 

「放送を語る会」が開いたシンポジウムでは、「籾井会長NO!NHKを市民の手に」と書かれた巨大なポスターが掲出されていた=11月16日、東京都内

 NHKの報道やニュース番組のスタンスの変化を指摘する向きが出ている。「全般的にかつてのように政府批判のための批判」のようなトーンが消えてきたというのだ。一部の視聴者は「政府寄りだ」と批判し、籾井勝人(もみい・かつと)会長の就任記者会見での発言をいまなお問題視して、集団的自衛権をめぐる報道について「抗議デモなどに冷淡」と指摘している。放送法に基づき設置されているNHKの放送番組審議会では、バランスを評価する意見が上がっている。(三品貴志)

「権力の手先」?

 NHKのスタンスの変化は、「政府寄り報道」を嫌う市民団体の最近の批判をみるとよくわかる。

 「広報と報道は違う。最近のNHKの番組は、広報番組だ」

 NHKのOBら退職者をはじめとする視聴者有志でつくる市民団体「放送を語る会」が11月16日、東京都内で開いたシンポジウム。質疑応答の際、元公立高校教員だという一人の男性参加者が、そう語気を強めた。

「ニュース」のランキング