産経ニュース

【日本の議論】「どういうつもり?」「何が悪いの?」…子供の写真入り年賀状の賛否 スマホアプリ普及でますます白熱  

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
「どういうつもり?」「何が悪いの?」…子供の写真入り年賀状の賛否 スマホアプリ普及でますます白熱  

子供だけが写った写真入りの年賀状が手軽に作れるようになり、議論が白熱している(一部画像処理してます)

 毎年、師走が近付くと蒸し返されるのが、子供の写真を使った年賀状の賛否をめぐる論争だ。インターネット上では「ほほえましい」と歓迎する人がいる一方、「子供ができない人もいるのに」など配慮不足を批判する声もあり平行線をたどるばかり。スマートフォンと年賀状アプリの普及で写真入り年賀状の作成がパソコンより楽になり、写真入りが増えるのは確実だけに、論争はますます熱くなりそう。否定派、肯定派の双方が納得する解決策はあるだろうか。(寺田理恵、油原聡子)

否定派「子供は知り合いじゃない」

 晩婚で1人目の子供を授かった東京都の会社員、田中恵子さん(40代)=仮名=は2人目不妊で悩んでいたとき、きょうだい仲良く並んだ子供の写真入り年賀状を受け取って落ち込んだという。

 「本当にへこみました。不妊治療をして1人目を産んだ女友達に相談していたら、しばらく連絡が絶えた後、年賀状で彼女に2人目ができたと分かったんです。自分も子供の写真入りで送っていたので反省しました」

 そうはいっても、今年も七五三のときに撮影した家族写真を使うつもりだ。

 「独身のときは『君たちの子供には一切、興味ありません』とバカにしていたのに、結婚、出産したら自分も気合いを入れて写真入りで作りました。うざいですよね。でも、ついやってしまうんです」

「ニュース」のランキング