産経ニュース

「1冊も本を読まない」…47・5% 文化庁調査で「読書離れくっきり」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


「1冊も本を読まない」…47・5% 文化庁調査で「読書離れくっきり」

ノーベル文学賞の発表を前に、村上春樹氏の著作専用コーナーを設けた都内の書店。村上作品の人気の陰で、実は1カ月に1冊も本を読まない人が日本人の半数に上っている=10月9日夜、東京都世田谷区のTSUTAYA三軒茶屋店(栗橋隆悦撮影)

 今年のノーベル文学賞は村上春樹氏が受賞するかどうか注目されたが、残念ながらまたも受賞はならなかった。「ハルキスト」の加熱ぶりはこの時期の風物詩のようになっているが、実は最近の日本人の読書量は減少している。文化庁が実施した「国語に関する世論調査」によれば、1カ月に3冊以上の本を読むと回答した割合は17・9%で、「読書量は減っている」と考える人が65・1%に上った。専門家からは日本文学の低迷を懸念する声も。村上氏に続く世界的な作家を輩出するためにも、読書習慣の定着に向けた取り組みが必要だ。

すべての年代で「読まない」増加

 文化庁の「国語に関する世論調査」は、全国の16歳以上の男女3000人を対象に実施。電子書籍を含む読書量の変化などについて今年3月にアンケートを行い、集まった回答を半年かけて分析した。

 それによると、マンガや雑誌を除く1カ月の読書量は、「1、2冊」と回答したのが34・5%、「3、4冊」は10・9%、「5、6冊」は3・4%、「7冊以上」が3・6%だったのに対し、「読まない」との回答が最も多く、47・5%に上った。

 平成21年実施の前回調査に比べ、1冊も読まない割合は1・4ポイント増加、14年実施の前々回調査からは10ポイント近く増加しており、日本人の読書離れが浮き彫りになった格好だ。

このニュースの写真

  • 「1冊も本を読まない」…47・5% 文化庁調査で「読書離れくっきり」

「ニュース」のランキング