産経ニュース

【自民党総裁選・共同記者会見詳報】(2)石破茂元幹事長「官僚が国民のために働く仕組み作る」 安倍晋三首相「指導力を持って政策を前進することが求められている」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選・共同記者会見詳報】
(2)石破茂元幹事長「官僚が国民のために働く仕組み作る」 安倍晋三首相「指導力を持って政策を前進することが求められている」

自民党総裁選挙、共同記者会見を前に握手を交わす石破茂氏と安倍晋三首相(右)=10日午前、東京・永田町(春名中撮影) 自民党総裁選挙、共同記者会見を前に握手を交わす石破茂氏と安倍晋三首相(右)=10日午前、東京・永田町(春名中撮影)

 「そのためにも、行政のプロセスは公平であり、適切でなければならないのは、言うまでもないわけであり、公正、公平な、適切なプロセスの上に、しっかりと政治がリーダーシップを発揮していきながら、選挙でお約束したことを実行に移していく。それを官僚の皆さんにも理解をしていただきながら、進んでいくということだろうと思います」

 「そういう意味において、例えば先の選挙で消費税の使い途を変えるという思い切った決断をしました。それに向けて、例えば財務省の皆さんも本当に、必死で努力してくれました。文部科学省の人たちも頑張ってくれたし、幼児教育の無償化などについては厚生労働省もそうです。そうしたことを、しっかりと進めていくことが大切なんだろうと、こう思うわけであります。1つの目標を示して、それに向かって理解していただいて、指導力を持って約束した政策を前に進めていくということが求められているんだろうなと思う」

 「同時に、私もさまざまななご批判もいただきました。そうしたご批判は真摯(しんし)に受けとめながら、謙虚に丁寧に政権運営に当たっていきたいと考えています」

■   ■

 --勝敗ラインについて伺う。安倍首相はどの程度の得票があれば信任されたと考えるか。石破さんは2012(平成24)年の総裁選の党員票で過半数を獲得したが、決選投票で安倍総理に敗れた。今回はどのような戦略で臨む考えか

続きを読む

「ニュース」のランキング