産経ニュース

【自民党総裁選】憲法、アベノミクス、地方創生…両候補の違い鮮明に

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選】
憲法、アベノミクス、地方創生…両候補の違い鮮明に

 7日告示の自民党総裁選に立候補した安倍晋三首相(党総裁)と石破茂元幹事長は、憲法改正やアベノミクス、地方創生など主要政策で主張の違いが鮮明となった。(水内茂幸)

安倍首相…臨時国会に党の改憲案提出

 【憲法改正】安倍首相は、3月の党大会で条文素案を定めた「改憲4項目」について、秋の臨時国会に自民党の憲法改正案として提出を目指す。

 特に、戦争放棄の9条1項と戦力不保持の同2項を維持した上で「9条の2」を新設して、自衛隊の存在を明記する改憲案の実現に意欲をみせる。石破氏が主張する2項削除は、公明党が難色を示すため、国会発議に必要な衆参3分の2以上の賛成が得られにくいとみている。

 首相は「すべての自衛官が誇りを持って任務を全うできる環境を整えることは、今を生きる政治家の責任だ」と訴えてきた。

 【アベノミクス】首相は、政権に返り咲いた平成24年末以来「日本を覆っていた重く暗い空気は、アベノミクスによって完全に一掃できた」と成果を強調してきた。総裁選では、4~6月期の名目国内総生産(GDP)が551兆円と過去最高となったことや、就業者数が安倍政権下で251万人増えたことなど、経済指標の改善をアピールする。

続きを読む

「ニュース」のランキング