産経ニュース

【北海道震度7地震】安倍首相「8日中にほぼ全域で停電解消。最大限の節電を」 菅官房長官、死者数を訂正 心肺停止も入れていたと謝罪

ニュース 政治

記事詳細

更新

【北海道震度7地震】
安倍首相「8日中にほぼ全域で停電解消。最大限の節電を」 菅官房長官、死者数を訂正 心肺停止も入れていたと謝罪

平成30年北海道胆振東部地震に関する関係閣僚会議で発言する安倍晋三首相=7日午前、首相官邸(春名中撮影) 平成30年北海道胆振東部地震に関する関係閣僚会議で発言する安倍晋三首相=7日午前、首相官邸(春名中撮影)

 政府は7日夕、北海道で最大震度7を観測した地震に関する関係閣僚会議を首相官邸で開いた。安倍晋三首相は道内で続く停電について「8日中には最大360万キロワット程度の電力供給力を確保し、配電設備などが損傷した一部地域を除き、全域で停電が解消される見込みとなった」と述べた。その上で「需要ぎりぎりの綱渡りの供給体制が続くことになる。政府と北海道電力で供給力の積み上げに努め、道民にも最大限の節電をお願いする必要がある」と呼び掛けた。

 7日昼前に運航が再開された新千歳空港については「国内線の大部分と国際線の全便が明日再開する予定だ」と述べた。被災自治体の要請を待たずに食料や生活物資を送る「プッシュ型支援」に関しては「必要物資を今日中に航空自衛隊入間基地(埼玉県)に搬入し、自治体の指定する集積拠点に届ける」と語った。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は7日午後の記者会見で、同日午前の段階で北海道の地震による死者数を「16人」としていたことについて「死者9人、心肺停止9人」と述べて訂正、謝罪した。集計段階で心肺停止者をまとめて死者数に計上していたためだと説明した。

「ニュース」のランキング