産経ニュース

【自民党総裁選】安倍晋三首相と石破茂元幹事長が届け出

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選】
安倍晋三首相と石破茂元幹事長が届け出

左から安倍晋三首相、自民党の石破茂元幹事長 左から安倍晋三首相、自民党の石破茂元幹事長

 自民党総裁選は7日午前告示され、届け出順に、連続3選を目指す安倍晋三首相=党総裁=(63)と石破茂元幹事長(61)が立候補を届け出た。両氏による一騎打ちが確定し、平成24年以来6年ぶりの選挙戦となった。国会議員票(405)と党員・党友票(同)で争われ、20日に投開票され次期総裁が選出される。

 首相は党内5派の支持を受けるなど所属議員の8割強を固めて優位に立つ。石破氏は党員票で首相を上回ることを目指し、劣勢挽回を図る考えだ。憲法改正や政治姿勢、経済政策が主な争点となる。

 立候補受け付けは午前10時から行われ、首相の陣営から選対事務総長の甘利明元経済再生担当相ら、石破氏の陣営は選対本部長で竹下派(平成研究会)の尾辻秀久元厚生労働相らが代理人として出席し、20人の推薦人名簿を添えて立候補を届け出た。

 首相陣営は推薦人として、党内5派の議員に無派閥の青山繁晴参院議員らも加え、挙党態勢をアピールした。石破氏は、参院竹下派や谷垣グループ(有隣会)の中谷元・元防衛相らが名を連ね、石破派(水月会)以外も支持が広がっている様子を強調した。

 北海道で震度7を観測した地震を受け、両陣営は9日まで選挙活動を自粛する。7日は両陣営が出陣式を中止し、候補者による所見発表演説会と記者会見は10日に延期した。

 首相は景気回復や外交など、5年8カ月の実績を前面に出す。憲法9条への自衛隊明記を含む党の憲法改正案を次の臨時国会にも提出することなどを訴える。石破氏は「官邸の信頼回復」などを掲げ、政策決定過程の透明化を求める。改憲は「スケジュールありきで行うべきではない」と述べ、9条より参院選「合区」解消などの優先を主張する。

「ニュース」のランキング