産経ニュース

またも大雨で浸水 県が緊急会議 山形

ニュース 政治

記事詳細

更新


またも大雨で浸水 県が緊急会議 山形

山形県最上町の最上小国川が増水し、崩落したつり橋=31日午前11時17分 山形県最上町の最上小国川が増水し、崩落したつり橋=31日午前11時17分

 前線の影響で山形県北部が激しい雨に見舞われたことを受け、同県は31日、緊急会議を開き、担当部や最上、村山などの総合支庁長もテレビ会議で参加、災害状況を共有した。

 会議では、県土整備部、農林水産部などがまとめた災害情報が報告され、テレビ会議を通して須藤勇司・最上総合支庁長は、8月初旬の豪雨でも浸水した戸沢村蔵岡地区について「浸水家屋が出ており、ボートで救助している。一部で土砂崩れも起き、2世帯が孤立したが1世帯は避難した」などと説明。さらに最上町大堀の最上小国川と白川の合流部では氾濫が起き、橋が2つ落ちたことも報告された。

 吉村美栄子知事は「情報を共有し、適切な対応を取ってほしい」と述べた。

 さきの豪雨では断続的な停電によって、角間沢川排水樋管(ポンプ)は稼働せず、戸沢村蔵岡地区一帯が浸水した。31日の大雨では、排水樋管は稼働したが、同地区一帯はまた浸水した。排水樋管を設置した国土交通省新庄河川事務所の後藤浩志副所長は「ポンプは稼働はしたが、その能力を上回る出水量だった」とし、今後、抜本的な対策を検討していくという。

「ニュース」のランキング