産経ニュース

【自民党総裁選】野田聖子総務相が出馬断念 31日に正式表明へ 前回に続き推薦人20人確保できず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選】
野田聖子総務相が出馬断念 31日に正式表明へ 前回に続き推薦人20人確保できず

野田聖子総務相 野田聖子総務相

 野田聖子総務相は30日、自民党総裁選(9月7日告示、20日投開票)への出馬を断念する意向を固めた。31日に記者会見を開き、正式に表明する。出馬に必要な国会議員20人の推薦人を確保できなかった。これにより総裁選は連続3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)と石破茂元幹事長の一騎打ちとなる。

 野田氏は30日夜、都内のホテルで、推薦人集めをともに進めてきた浜田靖一元防衛相や小此木八郎国家公安委員長らと最終的な対応を協議した。推薦人が10人程度しか集まっていない現状を再確認し、出馬は難しいという認識で一致した。野田氏は首相を支持する方向だ。

 野田氏は昨年8月の総務相就任時から総裁選への出馬を公言してきた。女性を対象にした政治塾を発足させ、女性政策の充実など総裁選の公約を盛り込んだ政策集も公表していたが、7月に野田氏自身が絡む情報公開請求の漏洩(ろうえい)問題が発覚し、推薦人集めに影響が出ていた。

 野田氏は平成27年の前回総裁選でも出馬を目指したが、推薦人が集まらずに見送った。

「ニュース」のランキング