産経ニュース

【沖縄県知事選】玉城デニー氏、事実上の出馬表明「気持ち固まった」 野党5党派に支援要請

ニュース 政治

記事詳細

更新

【沖縄県知事選】
玉城デニー氏、事実上の出馬表明「気持ち固まった」 野党5党派に支援要請

記者会見する自由党の玉城デニー幹事長=28日午後、国会 記者会見する自由党の玉城デニー幹事長=28日午後、国会

 自由党の玉城デニー幹事長(58)は28日、沖縄県知事選(9月13日告示、30日投開票)への立候補に向け、野党5党派の代表らと個別に会談して支援を要請した。その後の記者会見で玉城氏は「熱い激励をいただき、私の気持ちも固まった」と語り、出馬の意向を事実上表明した。29日に那覇市で記者会見して正式に出馬表明する。

 一連の会談には自由党の小沢一郎代表も同席した。

 立憲民主党の枝野幸男代表は会談で「選挙戦の一角を担わせてほしい」と支援を約束し、国民民主党の大塚耕平共同代表も「全力で応援する」と述べた。

 共産党の志位和夫委員長は「『オール沖縄』の代表として最良だ。党としてあらゆることをやる」と表明した。社民党の又市征治党首と衆院会派「無所属の会」の岡田克也代表も出馬を歓迎する意向を示した。

 玉城、小沢両氏は各党幹部との会談後に国会内で記者会見した。玉城氏は、8日に死去した翁長雄志(おなが・たけし)知事の「遺志を引き継ぐ」と訴えた上で「各党の力強い応援の言葉、政治の師である小沢代表の思いを携えて沖縄に戻り、しっかり取り組んでいきたい」と語った。

 小沢氏は「弔い合戦という雰囲気だけでは勝てない。厳しい選挙だ」と強調し、玉城氏失職に伴う衆院沖縄3区補選に関しては、自由党公認候補の擁立を目指す考えを重ねて示した。

 玉城氏に対しては、「オール沖縄」参加団体などでつくる「調整会議」が23日に出馬を要請していた。

「ニュース」のランキング