産経ニュース

【終戦の日】安倍晋三首相、玉串料奉納託した柴山昌彦氏に「参拝に行けず申し訳ない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【終戦の日】
安倍晋三首相、玉串料奉納託した柴山昌彦氏に「参拝に行けず申し訳ない」

73回目の終戦の日を迎え、靖国神社に参拝に訪れた自民党の柴山昌彦総裁特別補佐=15日午前、東京都千代田区(鴨川一也撮影) 73回目の終戦の日を迎え、靖国神社に参拝に訪れた自民党の柴山昌彦総裁特別補佐=15日午前、東京都千代田区(鴨川一也撮影)

 安倍晋三首相は終戦の日の15日、東京・九段北の靖国神社に自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。首相は参拝せず、柴山昌彦総裁特別補佐が神社を訪れ、代わりに納めた。平成25年の終戦の日から6年連続で同様の対応となった。

 柴山氏は記者団に、首相から「先人たちの御霊にしっかりとお参りをしてください。参拝に行けず、申し訳ない」と指示があったことを明らかにした。玉串料は私費から支出した。

 同日午前にはこのほか、超党派の議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久自民党参院議員)や、稲田朋美元防衛相ら自民党若手保守派グループ「伝統と創造の会」のメンバーらも靖国神社を参拝。自民党の萩生田光一幹事長代行と小泉進次郎筆頭副幹事長もそれぞれ個別に詣でた。

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相、玉串料奉納託した柴山昌彦氏に「参拝に行けず申し訳ない」
  • 安倍晋三首相、玉串料奉納託した柴山昌彦氏に「参拝に行けず申し訳ない」
  • 安倍晋三首相、玉串料奉納託した柴山昌彦氏に「参拝に行けず申し訳ない」

「ニュース」のランキング