産経ニュース

【豊洲問題】豊洲市場、追加工事で「安全性確保」と結論 都専門家会議 近く農水相に認可申請

ニュース 政治

記事詳細

更新

【豊洲問題】
豊洲市場、追加工事で「安全性確保」と結論 都専門家会議 近く農水相に認可申請

東京都江東区の豊洲市場 東京都江東区の豊洲市場

 築地市場(東京都中央区)から移転して10月に開場する豊洲市場(江東区)の土壌汚染対策追加工事の有効性を検討してきた都の専門家会議(座長・平田健正(たてまさ)放送大和歌山学習センター所長)は30日、「追加対策で将来リスクを踏まえた安全性が確保された」との結論を公表した。都は近く農林水産相に認可申請。小池百合子知事は豊洲市場の安全性を発信する予定で、移転準備は最終段階に入る。

 豊洲市場では小池氏の移転延期表明後の昨年1月、地下水から環境基準を超える有害物質を検出。地下水を市場内で使用することはなく、同会議は安全性に問題はないとの認識を示していたが、同6月、地下水をくみ上げて浄化する地下水管理システムの機能強化など追加対策案を提言した。

 入札不調の影響で受注業者が決まらない問題も起きたが、今月12日、全ての追加工事を終了。費用は約38億円かかったという。

「ニュース」のランキング