産経ニュース

IR開業、第1弾は2020年代半ば 誘致自治体の関心は基本方針

ニュース 政治

記事詳細

更新


IR開業、第1弾は2020年代半ば 誘致自治体の関心は基本方針

 20日に成立したカジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法は、IR開業までの一連の手続きを定めている。自治体の申請や国の認定を経て、第1弾が開業するのは2020年代半ばになると見込まれている。誘致に積極的な各自治体の動きも活発化する。

 実施法の成立後、まずは国土交通相は整備区域の選定基準などに関する「基本方針」を策定し公表する。誘致する都道府県または政令指定都市は、公募で選んだカジノ事業者と共同で、IRの規模や事業内容のほか、経済効果、ギャンブル依存症対策などを盛り込んだ「区域整備計画」を取りまとめ、国に申請する。

 申請の際に県などは、議会や立地する市町村の合意を取り付ける必要がある。国交相は整備計画を審査し、全国で最大3カ所まで実施箇所を認定する。法施行から2~3年後になるとみられ、その後、環境影響評価(アセスメント)や建設工事に入る。

 IRの誘致には大阪、和歌山、長崎の3府県が積極的に取り組んでいるほか、北海道や愛知県が誘致に関心を示し、千葉市や東京都、横浜市が誘致による影響を調査している。

続きを読む

「ニュース」のランキング