産経ニュース

青木ケ原樹海「自殺の名所」の汚名返上へ 山梨県がポスター初作成

ニュース 政治

記事詳細

更新


青木ケ原樹海「自殺の名所」の汚名返上へ 山梨県がポスター初作成

青木ケ原樹海のイメージアップのため、県が初めて製作したポスター 青木ケ原樹海のイメージアップのため、県が初めて製作したポスター

 山梨県は19日、富士北麓の青木ケ原樹海に対する“自殺の名所”というマイナスのイメージを払拭しようと、啓発ポスターとロゴを初めて作成した。樹海で自殺を図る人が多いとみられる東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県の公共施設や金融機関などと、県内の宿泊・観光施設に計400枚のポスターを配布する。

 県障害福祉課によると、山梨県の昨年の自殺者は、県内に住む「住所地ベース」(厚生労働省・人口動態統計)で、前年比8人減の131人。人口10万人当たりの自殺死亡率は、全国平均を0・2ポイント下回る16・2だった。

 これに対し、昨年に県内で見つかった「発見地ベース」(警察庁・自殺統計)の自殺者は、同10人減の182人。自殺死亡率は全国平均を5・1ポイント上回る21・9だった。

 この結果について、同課は「県内4地域のうち、青木ケ原樹海がある富士・東部地域の自殺者数は、発見地ベースが住所地ベースを大きく上回っており、県外に住む自殺者が多いとみられる」としている。

 ポスターは富士山と精進湖の間に広がる樹海を空撮したもので、中央部に「こんなに美しいなんて知らなかった。」のコピーを掲げた。

 ロゴは富士山や樹海に生きる動植物を、赤を基調にデザインした。同課は取り組みについて「自然が美しいというプラスのイメージを浸透させたい」としている。

 県は自殺死亡率について、住所地ベースで平成31年に16以下に、発見地ベースも毎年、前年比で減少することを目指している。

このニュースの写真

  • 青木ケ原樹海「自殺の名所」の汚名返上へ 山梨県がポスター初作成

「ニュース」のランキング