産経ニュース

憲法改正の国民投票、CM規制に民放連慎重 衆院憲法審で意見聴取

ニュース 政治

記事詳細

更新


憲法改正の国民投票、CM規制に民放連慎重 衆院憲法審で意見聴取

 衆院憲法審査会は12日の幹事懇談会で、憲法改正の国民投票を実施する際のテレビCM規制を巡って民放連幹部から非公開で意見を聴取した。幹事による質疑も行った。民放連側は法規制には慎重な姿勢を示した。12日は憲法審を開催せず、自民、公明両党などが提出した国民投票法改正案の審議を見送った。

 出席者によると、幹事懇で民放連側は、自主規制に関し、ガイドライン策定の要否を検討中だと説明した。

 国会による改憲発議後、改憲の賛否などをCMで呼び掛ける費用に上限がない点を野党は問題視している。国民民主党は、資金力によって広報活動に差が生じないよう配慮し、政党による有料広告を禁止する目的の国民投票法改正案の骨子をまとめた。

 与党は法制化には否定的で、業界の自主規制に委ねるべきだとしている。

「ニュース」のランキング