産経ニュース

【参院選挙制度改革】自民は10日に委員会採決、11日参院通過目指す

ニュース 政治

記事詳細

更新

【参院選挙制度改革】
自民は10日に委員会採決、11日参院通過目指す

参院政治倫理・選挙制度特別委員会で選挙制度改革の公明党案が採決され賛成少数で否決された=9日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影) 参院政治倫理・選挙制度特別委員会で選挙制度改革の公明党案が採決され賛成少数で否決された=9日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 参院政治倫理・選挙制度特別委員会は9日、参院選「一票の格差」是正に向け参院選挙制度を改革する各党の公職選挙法改正案を審議し、全国11ブロックの大選挙区制に移行する公明党案について採決し、否決した。自民党は参院定数を6増する同党案を10日の同委で可決、11日にも参院を通過させ、22日までの今国会中に成立させる考えだ。

 倫選特委の審議に先立ち、自民、公明両党の参院幹部が国会内で会談した。公明党は、定数増を「4」に抑える修正案を受け入れるよう求めたが、自民党は難色を示した。

 立憲民主党と希望の党は9日、石川、福井両選挙区を合区にし、埼玉選挙区の定数を2増する「2増2減」の独自案を共同提出した。

 委員会に先立つ倫選特委理事会で、自民党は自民案を含む計5案について同日中の採決を求めたが、協議はまとまらなかった。委員会後の理事会では、10日に同委を開会し、公明党案を除く4法案の質疑を行うことを石井浩郎委員長(自民)の職権で決めた。

 倫選特委では自民、国民民主、立民・希望、公明、日本維新の会の5案が審議され、自民党案が比例定数を4増し、一部に政党が事前に決めた順位に従って当選者を決める拘束名簿式の「特定枠」を盛り込んだことへの質問が相次いだ。

 国民民主党の足立信也氏は「拘束式を入れると、比例も1票の投票価値が不平等になる」と疑問視し、ほかに「党利党略優先だ」「参院選の正当性に傷が付く」と批判が集中した。

「ニュース」のランキング