産経ニュース

【平成30年史 政界再編・インタビュー】鳩山由紀夫元首相、25年前の政権交代「小沢さんと一緒は懸念あった」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【平成30年史 政界再編・インタビュー】
鳩山由紀夫元首相、25年前の政権交代「小沢さんと一緒は懸念あった」

インタビューに答える鳩山由紀夫元首相=23日、東京・永田町の事務所(酒巻俊介撮影) インタビューに答える鳩山由紀夫元首相=23日、東京・永田町の事務所(酒巻俊介撮影)

 --平成5年に自民党を離党し、新党さきがけを結党。新生党などと細川護煕(もりひろ)内閣で政権交代した

 「すぐ政権が来るなんて誰も思っていなかったんですよ。ひそかに10人くらいが決死隊のように飛び出そうというだけの話で。宮沢喜一政権がいよいよ倒れることになっても、細川さんにも、4~5年は待って態勢を整えないと、いきなり政権を取ってもあっという間に崩されると申し上げていたんですね。武村正義さん(さきがけ代表)なんかも最初は同じ考えでした」

 「そもそも政官業の癒着から解放された政治を作ろうというときに、自民党以上に自民党的な小沢一郎さんたちの新生党と一緒というのはどうなのかという懸念も私にはありましたし。ところが、議論するうちにチャンスは生かさないといけないという方向で一気に行ってしまった…」

 「実は衆院選の後、さきがけはずうずうしくもすべての政党に連立政権を組みませんかと打診していたんです。一応礼儀もあるからということで自民党にも呼びかけたら当時の森喜朗幹事長からお返事をいただいた。1日遅い、もう締め切ったとお断りしました」

 --政権交代の引き金を引いた宮沢内閣に対する不信任決議には、さきがけ参加者のほとんどが反対した

 「しました。自分たちはスリッパをきちんとそろえてから外に出ようと。自民党に世話になったのだから離党までは党に従うが、覚悟を決めていますという態度をとったわけです」

続きを読む

「ニュース」のランキング