産経ニュース

近衛文麿旧宅「荻外荘」復元へふるさと納税募集中 東京・杉並区 

ニュース 政治

記事詳細

更新


近衛文麿旧宅「荻外荘」復元へふるさと納税募集中 東京・杉並区 

近衛文麿の旧宅だった荻外荘(杉並区提供) 近衛文麿の旧宅だった荻外荘(杉並区提供)

 戦前、3度にわたり首相を務めた近衛文麿(1891~1945年)の旧宅で、国指定史跡の「荻外荘(てきがいそう)」(東京都杉並区荻窪)を復元・整備するため、杉並区はふるさと納税を募っている。豊島区内に移築されている建物の一部を再度移築するほか、耐震補強工事も行い、現在は原則非公開となっている建物の公開を目指す方針だ。

 区によると、荻外荘は築地本願寺などを手がけた建築家、伊東忠太の設計で昭和2年に完成し、近衛は12年から所有。第2次近衛内閣の大臣就任予定者らとドイツ・イタリアとの提携強化を協議した「荻窪会談」などが行われ、政治の舞台になった。戦後、A級戦犯に指名された近衛が自決したのも荻外荘だった。

 平成26年に杉並区が建物と敷地を取得、28年に国の史跡に指定された。現在の建物は木造平屋建て約410平方メートル。

 ただ、会談が開かれた客間などを含む建物の約202平方メートルは昭和35年、豊島区内の天理教東京教務支庁に移築。宿舎として利用されており、杉並区は天理教と再移築に向けた協議を重ねていた。同区が天理教に対し、代替施設を整備する補償費として約3千万円を支払うことで基本合意し、今秋には建物を解体して荻窪に移送するという。

続きを読む

「ニュース」のランキング