産経ニュース

【平成30年史 政界再編・インタビュー】細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【平成30年史 政界再編・インタビュー】
細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」

インタビューに答える細川護煕元首相=東京都港区(佐藤徳昭撮影) インタビューに答える細川護煕元首相=東京都港区(佐藤徳昭撮影)

 日本新党を結成し、平成5年から6年にかけて非自民・非共産の連立政権を率いた細川護煕元首相に、政治改革への思いや国民福祉税構想、突然の辞意表明など当時の心境を聞いた。

 

 --細川政権が短命に終わった原因は何だと思うか

 「一番の問題は、政治改革という目標が一応片付くと、その後に何をするのかという旗が掲げられなかったことです。政権内でしょっちゅう、ぐちゃぐちゃ互いに足を引っ張るような話をやっていたわけですから。新しい旗が掲げられないような状態では、この政権は終わりだと思いました。それが首相を辞めた理由です。行政改革や参院改革、教育改革もやりたいと思っていましたが」

 --在任中は佐川急便問題で自民党から追及を受けた

 「私としては問題はないと思っていました。(佐川側からの借入金を)全部、返済したという領収書を出して証明しているのに、いろいろ嫌みを言われて追及されるのはいい気持ちじゃないですよね。だから辞めたいという気持ちに拍車がかかったことはあるかもしれません。私は、やることをやり終えたらさっさと辞めさせてもらいたいという気持ちを一貫して持っていました。何でもかんでもポストに飛びつきたがる人が多いから、そういうことを言ってもなかなか信じてもらえないかもしれませんが。私は本当に恬淡というか、権力に対して全く欲がないものですから」

続きを読む

このニュースの写真

  • 細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」
  • 細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」
  • 細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」

「ニュース」のランキング