産経ニュース

自衛隊トップの河野克俊統幕長「北朝鮮が弾道ミサイルを発射する可能性は低い」 警戒監視は継続

ニュース 政治

記事詳細

更新


自衛隊トップの河野克俊統幕長「北朝鮮が弾道ミサイルを発射する可能性は低い」 警戒監視は継続

河野克俊統合幕僚長(早坂洋祐撮影) 河野克俊統合幕僚長(早坂洋祐撮影)

 自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は14日の記者会見で、北朝鮮による弾道ミサイル発射は当面、行われないとの見方を示した。「米朝の非核化交渉がこれから開始される。常識的に北朝鮮が今までのように発射してくる可能性は低いのではないか」と述べた。一方、自衛隊による弾道ミサイルへの警戒監視は「北朝鮮が(非核化に向け)具体的なアクションをとったということではない」として、引き続き現在の態勢を維持する考えを示した。

 トランプ米大統領が中止に言及した米韓軍事合同演習については「この地域の平和と安定に寄与している」とした上で「米韓の問題であり、大きな政治の流れの中で決断されたので(コメントは)控えたい」とした。北朝鮮の弾道ミサイルを想定した日米韓3カ国の共同訓練は「今後もやっていきたいが、各国の同意の下で実施する話なので、話し合いながら進めていかなければならない」と語った。

「ニュース」のランキング