産経ニュース

河野洋平元衆院議長「拉致解決前に国交正常化を」

ニュース 政治

記事詳細

更新


河野洋平元衆院議長「拉致解決前に国交正常化を」

講演する河野洋平元衆院議長=13日午後、東京都千代田区 講演する河野洋平元衆院議長=13日午後、東京都千代田区

 河野洋平元衆院議長は13日、都内で講演し、北朝鮮による日本人拉致問題について「植民地問題の処理もできていない国に、ただ(拉致被害者を)帰せ、帰せと言っても問題は解決しない。国と国の関係を正して、帰してもらうという手順を踏まざるを得ない」と述べ、拉致問題の解決の前に北朝鮮との国交正常化を優先すべきだとの考えを示した。

 河野氏は明治43(1910)年の韓国併合以降の歴史を振り返り「今日の南北分断の遠因には日本の植民地政策があった」と述べた。

 さらに、12日の米朝首脳会談に伴う共同声明に北朝鮮の非核化が盛り込まれたことを念頭に「日本、韓国、北朝鮮が非核地域をつくり、核を持たないと宣言する。核保有国に対しては、非核地域に核攻撃を絶対にしない条約を結ぶ。それぐらいの理想を持てばいい」と語った。

「ニュース」のランキング