産経ニュース

【外交安保取材】日露首脳会談は“ゼロ回答”? すれ違いにもがく安倍首相を取り巻く冷めた空気

ニュース 政治

記事詳細

更新

【外交安保取材】
日露首脳会談は“ゼロ回答”? すれ違いにもがく安倍首相を取り巻く冷めた空気

会談前に握手を交わすロシアのプーチン大統領(左)と安倍晋三首相=5月26日、モスクワのクレムリン(共同) 会談前に握手を交わすロシアのプーチン大統領(左)と安倍晋三首相=5月26日、モスクワのクレムリン(共同)

 こんなに成果が乏しい会談は珍しい-。5月下旬にモスクワで行われた日露首脳会談には、こんな厳しい評価が目立つ。北方四島での共同経済活動は早期に取り組む5つの事業に関する調査団派遣の合意にとどまり、事業化の前提となる日露双方の法的枠組みを害さない新たな枠組みに関しては進展がなかった。焦点の平和条約締結交渉も前進への意欲が示されただけで具体的な言及はなかった。

 その予兆はあった。安倍晋三首相(63)が外遊する前は必ず「勉強会」と称する打ち合わせがあり、外務省の次官や審議官、局長らが首相官邸に出向く。5月24~27日の首相訪露では、外務省幹部はいつも以上に頻繁に官邸に出入りした。

 ただ、勉強会から戻った幹部の言葉は総じて少なめで、表情も硬かった。首相とプーチン大統領との会談は今回で21回目という「異例の多さ」(外交筋)もあり、領土問題の進展を期待する空気があった分、その落差は印象的だった。

 現地ではロシアのペースに振り回された。25日のサンクトペテルブルク国際経済フォーラムでの首相の講演は約2時間遅れで始まった。26日のクレムリン(大統領府)での首脳会談は開始時間になると突然、クレムリン内のプレスルームに設置された大型テレビにプーチン氏が閣僚会議を開く様子が映し出された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日露首脳会談は“ゼロ回答”? すれ違いにもがく安倍首相を取り巻く冷めた空気
  • 日露首脳会談は“ゼロ回答”? すれ違いにもがく安倍首相を取り巻く冷めた空気
  • 日露首脳会談は“ゼロ回答”? すれ違いにもがく安倍首相を取り巻く冷めた空気
  • 日露首脳会談は“ゼロ回答”? すれ違いにもがく安倍首相を取り巻く冷めた空気

「ニュース」のランキング