産経ニュース

【新潟県知事選】社民・吉川元幹事長、与党系候補は「巧妙に争点そらした」「県民党名乗りつつ与党とのパイプ強調」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【新潟県知事選】
社民・吉川元幹事長、与党系候補は「巧妙に争点そらした」「県民党名乗りつつ与党とのパイプ強調」

当選確実の一報を受け、バンザイする花角英世氏(中央)=10日午後、新潟市中央区(宮崎瑞穂撮影) 当選確実の一報を受け、バンザイする花角英世氏(中央)=10日午後、新潟市中央区(宮崎瑞穂撮影)

 社民党の吉川元(はじめ)幹事長は10日夜、新潟県知事選で社民党など野党6党派が推薦した新人候補の落選が確実になったことを受けて談話を発表し、初当選を決めた新人で元副知事の花角英世氏(60)=自民、公明支持=陣営の戦術を「県民の約6割強が反対する(原発の)再稼働については巧妙に争点をそらし、『県民党』を名乗りつつも政権与党とのパイプを強調」と分析した。

「ニュース」のランキング