産経ニュース

【加計学園問題】加戸守行前愛媛県知事、ネット番組での発言全文(上)「鳩山内閣で実現検討となったのに献金が始まるとポシャった」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【加計学園問題】
加戸守行前愛媛県知事、ネット番組での発言全文(上)「鳩山内閣で実現検討となったのに献金が始まるとポシャった」

加戸守行前愛媛県知事(斎藤良雄撮影) 加戸守行前愛媛県知事(斎藤良雄撮影)

 加戸守行前愛媛県知事は23日、自民党のインターネット番組「カフェスタ」に出演し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、旧民主党議員の抵抗ぶりなどについて語った。番組でのやり取り全文は次の通り。

 鈴木馨祐自民党青年局長「きょう5月23日になりましたが、本日のカフェスタということであります。実は今日はニューカマーというかですね、初めてこのカフェスタに出ていただく素晴らしいゲストに来ていただいております。80代にして初めてこのカフェスタに来ていただく。これまでなかなかなかったと思いますけれども、皆さまよくご存じの前愛媛県知事の加戸守行さまに来ていただいております。では、最初に自己紹介がてらですね、少しお話をいただいてよろしいでしょうか」

 加戸守行前愛媛県知事「私は平成11年に愛媛県知事に当選しまして、最初に取り組んだ仕事が『今治新都市開発事業』でして、構想がもう宙に浮いたまま神棚に上がっていたんで、当時の建設省や地域整備振興整備公団に足を運んで、なんとか都市開発をお願いしたいと、事業着手を認めてもらって。そして用地整備を進めながら、学園都市構想ですから、大学の誘致ということで地元の大学の経営マネジメント部っていうのが来てくれるかという話が進んでいて、途中でそれがポシャって、土地はできたけれども宙に浮いた状態。それが一つ」

続きを読む

「ニュース」のランキング