産経ニュース

【産経・FNN合同世論調査】4人に1人が「自衛隊違憲」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【産経・FNN合同世論調査】
4人に1人が「自衛隊違憲」

 一方で、自衛隊を憲法に明記することを賛成としている人が約6割だというのは少ない。世論調査では、全体の約55%が自衛隊は合憲としているが、憲法は最高法規であるので、本来は誰が読んでも合憲であるというのがあるべき姿だ。

 現行憲法では、積極的に自衛隊の保持を認めていない。憲法に自衛隊を明記し、平和条項と平和を保つ措置条項を同時に持つべきだ。

 浦田一郎・一橋大名誉教授

「自衛隊明記論の前提崩れている」

 25・8%の人が自衛隊が違憲だと回答したのは多いという印象を受けた。相当数が違憲としているのは憲法9条の重みによるものであり、25・8%は意義がある数字だ。

 28・5%の人が自衛隊が憲法に明記されることに反対していることも、多いと感じた。安倍首相の自衛隊明記の前提は、国民の大半が自衛隊を受け入れていることにあるが、世論調査の結果は安倍首相の自衛隊明記論とマッチしていないことを示している。

 私は非軍事平和主義である。自衛隊は憲法解釈上、違憲だ。現実に北朝鮮の問題を考えても、軍事的解決手段は存在しない。安倍首相は自衛隊の明記と改憲について、もっと考えるべきだ。

「ニュース」のランキング