産経ニュース

【新潟知事選】海保庁次長の花角英世氏が15日出馬表明 与野党対決固まる

ニュース 政治

記事詳細

更新

【新潟知事選】
海保庁次長の花角英世氏が15日出馬表明 与野党対決固まる

新潟県知事選で自民党などが擁立を目指す花角英世氏(左)と野党統一候補として出馬を表明した池田千賀子氏 新潟県知事選で自民党などが擁立を目指す花角英世氏(左)と野党統一候補として出馬を表明した池田千賀子氏

 新潟県の米山隆一前知事の辞職を巡る知事選で、海上保安庁次長の花角英世(はなずみひでよ)氏(59)が15日午後、県庁で記者会見し、立候補を表明することが分かった。自民、公明両党が支援する方針だ。

 野党統一候補となる見通しの社民党系県議、池田千賀子氏(57)が既に立候補を表明しており、与野党対決の構図がほぼ固まった。

 花角氏は地元関係者らから出馬を要請されていた。これまで周辺に「期待に応えたい。ふるさとに貢献したい」などと出馬の意向を伝えていた。

 知事選は24日告示、6月10日投開票。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題などが争点となる見込みだ。

 花角氏は新潟県出身。昭和57年に運輸省(現国土交通省)に入り官房審議官などを歴任。平成25年4月~27年7月には同県副知事も務めた。

 米山氏は28年の前回知事選で共産、社民両党などの推薦で初当選。同原発の再稼働に慎重な姿勢を取った。インターネットの出会い系サイトを通じて知り合った女性に金品を渡して交際をしていたことを認め、今年4月27日に辞職した。

「ニュース」のランキング