産経ニュース

【柳瀬氏参考人招致】与党「区切りついた」幕引き急ぐ 野党「疑惑が深まった」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【柳瀬氏参考人招致】
与党「区切りついた」幕引き急ぐ 野党「疑惑が深まった」

参考人招致の答弁で頭を下げる柳瀬唯夫元首相秘書官=10日午前、国会・衆院第1委員室(松本健吾撮影) 参考人招致の答弁で頭を下げる柳瀬唯夫元首相秘書官=10日午前、国会・衆院第1委員室(松本健吾撮影)

 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、10日の衆参予算委員会で柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)の参考人質疑が行われたことを受け、与党は「一定の区切りがついた」(自民党の森山裕国対委員長)として、幕引きを急ぐ考えだ。ただ、野党は安倍晋三政権が関与した疑いが深まったとして、さらに追及を強める方針。

 柳瀬氏は参考人招致後、経産省内で記者団に「最大限、誠心誠意、一生懸命答弁したつもりだ」と述べた。同時に「私の国会答弁をきっかけに国民の皆さまに分かりづらくなって、国会審議に大変なご迷惑をかけた」と改めて陳謝した。

 与党は、10日の質疑でも問題となる事実は出てこなかったとして、収束を急ぐ考えだ。森山氏は「柳瀬氏は可能な限り詳しく話をした」と評価。公明党の山口那津男代表は記者会見で「手続きの不正や違法は、何も出てこなかった」と強調した。

 ただ、自民党の石破茂元幹事長は記者団に「加計学園だけが特別扱いされたのではないかとの疑問が完全に払拭されたとは思わない」との認識を示した。

 一方、立憲民主党の長妻昭代表代行は「柳瀬氏は3回も加計学園(関係者)と官邸で会っている。予想以上に濃密な接触があった」と強調し、学園の加計孝太郎理事長の国会招致などを求めていく考えを示した。

 同党の辻元清美国対委員長は党会合で「加計学園の加計学園による加計学園のための獣医学部設置だった」と批判した。

「ニュース」のランキング