産経ニュース

【柳瀬氏参考人招致】強気の答弁「むしろ話を聞くのは自然」 “軌道修正”も野党側不発で議論低調

ニュース 政治

記事詳細

更新

【柳瀬氏参考人招致】
強気の答弁「むしろ話を聞くのは自然」 “軌道修正”も野党側不発で議論低調

 「むしろ話を聞くのは極めて自然」。学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設をめぐり、学園関係者との首相官邸での面会を10日の国会参考人招致で認め、過去の答弁を“軌道修正”した柳瀬唯夫元首相秘書官。「国会審議に迷惑をかけた」と謝罪したが、面会の妥当性を強調するなど強気の姿勢を見せた。一方、野党側は追及材料に欠け、議論は低調に終わった。

 質疑は午前が衆院予算委員会、午後が参院予算委でそれぞれ行われた。衆院第1委員室に姿を現した柳瀬氏は、カメラのフラッシュを浴びる中、席に着いた。

 柳瀬氏は獣医学部が立地する愛媛県や今治市の職員との面会の有無をめぐり、「記憶がない」と繰り返してきた自身の答弁で国会が混乱したと謝罪。学園関係者と面会したことを明言してこなかった理由を「答弁の要請(質問)がなかったから」と釈明した。

 「聞かれたことにしか答えないのは不誠実だ」と野党側が反発すると、「質問に一つ一つ答えた結果、全体像が見えなくなり、国民のみなさまに大変分かりづらくなった」と再び謝罪した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 強気の答弁「むしろ話を聞くのは自然」 “軌道修正”も野党側不発で議論低調

「ニュース」のランキング