産経ニュース

【加戸前知事参考人招致詳報】「愛媛県のメモは雰囲気を伝えているが、一言一句その通りであるはずがない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【加戸前知事参考人招致詳報】
「愛媛県のメモは雰囲気を伝えているが、一言一句その通りであるはずがない」

参院予算委員会に参考人招致され、質疑に答弁する加戸守行・前愛媛県知事=10日午後、参院第1委員会室(春名中撮影) 参院予算委員会に参考人招致され、質疑に答弁する加戸守行・前愛媛県知事=10日午後、参院第1委員会室(春名中撮影)

 10日午後の参院予算委員会には、学校法人「加計学園」の獣医学部新設までの経緯を知る加戸守行前愛媛県知事が、柳瀬唯夫元首相秘書官とともに参考人として招致された。加戸氏は国家戦略特区の意義を強調した。やり取りの詳報は以下の通り。

 塚田一郎氏(自民)「『首相案件』発言で、愛媛県のメモと柳瀬唯夫元首相秘書官の認識が食い違っている」

 加戸守行前愛媛県知事「私の知事経験からすれば、愛媛県のメモは、職員が当日官邸を引き上げ、おそらく県の東京事務所で『秘書官はこう言ったよね』と、東京事務所と愛媛県から来た職員とが協議しながら作ったのではないか。およそアバウトな流れとして雰囲気は伝えているが、一言一句その通りであるはずがない」

 「私は(文部省の)官房総務課長、官房長として官邸に数十回行っているが、一度も『首相』という言葉は聞いたことがない。必ずみな『総理』と言う。一言一句正確ではないが、雰囲気は伝えているのかな、と思う。ただ、職員の気持ちとしてせっかく東京まで出張したのだから、こういう戦果はありましたと(言いたい)。例えば駆逐艦を撃沈しても『戦艦を撃沈しました』と。それに近いことはあるのかなと。その辺の微妙なニュアンスの差はあると思う」

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング