産経ニュース

【柳瀬氏参考人招致】柳瀬元首相秘書官、「首相案件」発言否定 加計関係者との面会認める、県職員とは認識なし

ニュース 政治

記事詳細

更新

【柳瀬氏参考人招致】
柳瀬元首相秘書官、「首相案件」発言否定 加計関係者との面会認める、県職員とは認識なし

 衆院予算委に参考人招致され、答弁する柳瀬唯夫元首相秘書官=10日午前  衆院予算委に参考人招致され、答弁する柳瀬唯夫元首相秘書官=10日午前

前のニュース

 衆院予算委員会は10日、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)の参考人招致を実施した。柳瀬氏は平成27年4月2日、首相官邸で加計学園関係者と面会したことを認めた一方、愛媛県や同県今治市の職員と会った認識はないと説明した。愛媛県作成の文書で「首相案件」と発言したとされている点は否定した。

 柳瀬氏は冒頭、「私の答弁をきっかけに国会審議に大変なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした」と陳謝した。

 また、面会時には「国家戦略特区制度は安倍晋三政権の成長戦略の看板政策であることは説明した」とし、「首相案件」発言を否定した。「そもそも普段から『首相』という言葉は使わないので、私の発言としてはちょっと違和感がある」とも語った。

 面会の内容については、元東京大大学院教授の吉川泰弘氏(現・岡山理科大獣医学部長)が獣医学教育の実情などについて説明する時間が長かったと説明。加計学園関係者も発言したが、愛媛県や今治市の職員は発言せず、そのため「随行者の中に職員がいた記録は残っていない。10人近くの随行者の中にいたのかもしれない」と述べた。職員の名刺は見当たらないとも説明した。

 面会は加計学園側からの申し出により行われたとし、この時を含めて3回、加計学園関係者と面会したと説明した。ただ、面会の事実を首相に報告したり、獣医学部新設に関し首相の指示を受けたりしたことは「一切ない」と明言した。

続きを読む

「ニュース」のランキング