産経ニュース

防衛産業狙いサイバー攻撃 日本に対し中国ハッカー

ニュース 政治

記事詳細

更新


防衛産業狙いサイバー攻撃 日本に対し中国ハッカー

 米ブルームバーグ通信は22日、中国政府の支援を受けているとみられるハッカー集団が昨年、日本の防衛産業を標的にサイバー攻撃を仕掛けていたと報じた。北朝鮮核問題を巡る日本の政策について情報を窃取しようとした可能性がある。

 米情報セキュリティー会社「ファイア・アイ」がブルームバーグに明らかにした。

 一連の攻撃は昨年9~10月に確認され、中国の軍や情報機関とのつながりが指摘される「APT10」が実行したとみられる。国連教育科学文化機関(ユネスコ)元事務局長の松浦晃一郎氏による講義を装ったメールを通じ、情報収集を試みた形跡もあった。

 攻撃が行われたのは、北朝鮮による軍事挑発が激化していた時期と重なることから、米国と連携して北朝鮮に核放棄を迫る圧力をかけていた日本の動向を探ろうとしたとみられるという。(共同)

「ニュース」のランキング