産経ニュース

【天皇陛下譲位】譲位・即位礼、基本方針を閣議決定

ニュース 政治

記事詳細

更新

【天皇陛下譲位】
譲位・即位礼、基本方針を閣議決定

 政府は3日の閣議で、平成31年の天皇陛下の譲位と皇太子さまの即位に伴う式典のあり方を定めた基本方針を決めた。宮内庁が行う「大嘗祭(だいじょうさい)」については、昭和から平成へのお代替わりの例を踏襲し、準備を進めることを口頭了解した。

 安倍晋三首相は閣議で「国民がこぞってことほぐ中で天皇陛下のご退位と皇太子殿下のご即位がつつがなく行われるよう、内閣一丸となって準備を進めていきたい」と述べた。政府は今秋に首相を長とする「式典委員会(仮称)」と、内閣府に菅義偉官房長官を本部長とする式典実施連絡本部を立ち上げる。

 譲位の儀式となる「退位礼正殿の儀」は4月30日に行い、翌5月1日に新天皇の即位に伴う「剣璽(けんじ)等承継の儀」や「即位後朝見の儀」を開催する。新天皇の即位を国内外に示す「即位礼正殿の儀」は10月22日となる。いずれも国事行為として執り行う。大嘗祭は、中心的儀式である「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」を11月14~15日に実施する。

 一方、政府は3日、基本方針をとりまとめた3月30日の式典準備委員会の議事概要を首相官邸ホームページで公表した。

関連トピックス

「ニュース」のランキング