産経ニュース

【佐藤優の世界裏舞台】国政調査権を発動せよ 書き換え文書は高いレベルの幹部にまで配布か

ニュース 政治

記事詳細

更新

【佐藤優の世界裏舞台】
国政調査権を発動せよ 書き換え文書は高いレベルの幹部にまで配布か

作家、元外務省主任分析官、佐藤優氏 作家、元外務省主任分析官、佐藤優氏

 財務省は12日、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書をめぐる疑惑について、14文書で書き換えがあったことを認めた。財務省の説明によれば、格安で払い下げられた事実が発覚した去年2月以降に書き換えが行われた。

 産経新聞は13日付の「主張」で、〈都合の悪いことを隠すため、公文書をこっそりと書き換えるのは改竄(かいざん)というべきである/国会答弁を取り繕うために不正を働き、どんどんボロが出てきた。「役所の中の役所」ともいわれる財務省の官僚が、公文書の書き換えで公正であるべき行政をねじ曲げていた。お粗末ではすまない行いである/行政内部の問題にとどまらないのは、安倍政権が国会答弁や記者会見で、事実に基づかない説明を続けてきたことである。結果として、政権そのものに対する国民の信頼を傷つけたことを、直視しなければならない〉と指摘した。その通りだと思う。

 安倍昭恵首相夫人や複数の国会議員らの名前を消し、国有地売買を特例で処理することを示す文言を決裁終了後の公文書から削除した行為は、売買の判断に関わる極めて重要な事項を存在しなかったかのように偽装する工作だ。騙(だま)す意図があったことは明白だ。極めて悪質な行為だ。有権者の直接選挙で選ばれた議員によって構成される国会に提出する文書にこのような改変を行ったことは、主権者である国民に対する背信行為だ。

 少なくとも3つの異常なことが起きている。

続きを読む

「ニュース」のランキング