産経ニュース

【森友文書】安倍晋三首相、改竄指示を否定「私や妻が関わっていないことは明らか」参院予算委 昭恵氏の「いい土地」発言も

ニュース 政治

記事詳細

更新

【森友文書】
安倍晋三首相、改竄指示を否定「私や妻が関わっていないことは明らか」参院予算委 昭恵氏の「いい土地」発言も

参院予算委で財務省の文書改ざん問題について答弁する安倍首相=14日午前 参院予算委で財務省の文書改ざん問題について答弁する安倍首相=14日午前

 参院予算委員会は14日午前、学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐる財務省の決裁文書改竄(かいざん)問題をめぐり、集中審議を実施した。安倍晋三首相は改めて謝罪したうえで、「全容が明らかになった段階で組織の立て直しに全力を挙げる。財務相にその考え方で取り組んでいただきたい」と述べ、麻生太郎副総理兼財務相を続投させる考えを示した。自身の改竄への関与は「私が指示したことはまったくない」と否定した。

 麻生氏も「極めて由々しきことで誠に遺憾だ。深くおわび申し上げる」と頭を下げ、改竄の指示は「ない」と否定した。

 首相は、自民党の西田昌司氏の「(改竄せずに)そのまま文書を公表しても全く問題なかった」との指摘に対し、首相は「書き換え前の文書を読んだが、私や妻(安倍昭恵首相夫人)が関わっていないことは明らかだろう」と同意した。

 改竄前の文書には昭恵氏が「いい土地ですから、前に進めてください」と話したと森友側が発言していたという記載があったが、首相は「妻に確認した。妻は学校を作る責任者ではなく『そんなことは言っていない』ということだった」と否定した。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング