産経ニュース

成田空港機能強化ようやくスタートライン 地域振興策、騒音対策、集落移転…課題なお山積

ニュース 政治

記事詳細

更新


成田空港機能強化ようやくスタートライン 地域振興策、騒音対策、集落移転…課題なお山積

 空港の機能強化の恩恵を受ける地元9市町も基本的には、推進の立場だった。しかし、機能強化策に慎重な住民が多い横芝光町の佐藤晴彦町長が、地域振興策や騒音対策を強く要求。深夜・早朝の飛行禁止時間の制限緩和に慎重姿勢を崩していなかった。

 佐藤町長は12日の町議会全員協議会で「判断を遅らせることは町にとって得策ではない」などと、国やNAAが提示した機能強化策への合意を表明。一気に地元合意にこぎ着けた。

 今後の焦点と一つとなる地域振興策について、佐藤町長は「全てが受け入れられたわけではないが可能な限り配慮いただいた」と話す。ただ、地域振興策については、空港が立地する成田市などに対して、離着陸の騒音や落下物などのデメリットが大きいとする横芝光町や多古町の求めるものには隔たりがある。

 佐藤町長が引き続き、騒音対策について、「ソフトランディングが必要」と話したのは、今回の決着に不満が残ることを暗に示しているといえる。今後も空港の機能強化の恩恵が行き届くよう、引き続き住民に理解を求めていく努力が必要になりそうだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 成田空港機能強化ようやくスタートライン 地域振興策、騒音対策、集落移転…課題なお山積

「ニュース」のランキング