産経ニュース

【森友文書】参院予算委で集中審議改竄経緯や忖度など焦点

ニュース 政治

記事詳細

更新

【森友文書】
参院予算委で集中審議改竄経緯や忖度など焦点

参院予算委に臨む安倍首相。左は麻生財務相=14日午前 参院予算委に臨む安倍首相。左は麻生財務相=14日午前

 参院予算委員会は14日午前、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書改竄問題などに関する集中審議を実施した。安倍晋三首相や麻生太郎副総理兼財務相らが出席。改竄が行われた経緯や政権に対する忖度の有無などが焦点となる。民進、共産など野党は佐川宣寿前国税庁長官らの証人喚問などに応じない与党側の対応に抗議の意思を示すため欠席する見通し。

 財務省が12日に改竄を認めて以降、首相や麻生氏が国会答弁するのは初めて。質疑に先立ち、麻生氏と太田充財務省理財局長がこの問題に関する報告を行う。

 最初の質問に立つ自民党の西田昌司氏は、財務省の体質をただす。続いて同党の平野達男氏が決裁文書を国会に提出したことに対する認識を麻生氏に尋ねる。

 公明党は、国会の空転を招いた財務省の責任について説明を求めるほか、徹底調査や再発防止を要請。日本維新の会や無所属クラブも質問する。

「ニュース」のランキング