産経ニュース

ニュース 政治

記事詳細

更新

【森友文書】
野党、徹底抗戦も衆参に温度差

 財務省の文書改竄(かいざん)問題に絡む与野党の攻防で、衆参野党の温度差が浮き彫りになっている。徹底抗戦を貫く衆院側とは対照的に参院側からは「審議に応じて真相を追及した方がいい」との声が出始めている。

 「強行的に明日の予算委員会が立てられたことについては強く抗議したい」

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は13日、参院予算委の金子原二郎委員長(自民)が14日の集中審議開催を職権で決めたことを強い口調で批判した。

 衆院野党第一党の立憲民主党は、佐川宣寿前国税庁長官や安倍昭恵首相夫人の証人喚問を審議に応じる条件の一つに挙げる。福山氏は記者団に「まずは佐川氏の証人喚問は不可欠だ」と強調した。

 一方で参院側には、財務省が文書の改竄を認めたことで、今後は麻生太郎副総理兼財務相や安倍晋三首相の責任について国会審議で追及を深めるべきだとの意見もある。現時点では立憲民主、民進など野党6党が審議拒否で足並みをそろえるが、参院野党第一党の民進党国対幹部は「審議しながら矛盾点を追及して、もし変な答弁だったらまた審議拒否することもできる」と話す。

 野党側は衆参両院にまたがる問題だとして与野党の幹事長間で交渉を進める方針を確認しているが、自民党側は応じていない。民進党国対幹部は事態の打開に向けて「立憲民主党のお手並み拝見だ」と冷ややかに語った。(小沢慶太、広池慶一)

「ニュース」のランキング