産経ニュース

【森友文書】参院予算案審議、異例の少なさに…生活直撃の税制改正・待機児童対策も遅れ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【森友文書】
参院予算案審議、異例の少なさに…生活直撃の税制改正・待機児童対策も遅れ

ガラガラの参院予算委員会公聴会 一部野党議員が欠席したまま行われた参院予算委員会公聴会=13日午後、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影) ガラガラの参院予算委員会公聴会 一部野党議員が欠席したまま行われた参院予算委員会公聴会=13日午後、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

 参院が採決で意思を示さなければ不要論にもつながりかねない。自民党の関口昌一参院国対委員長は13日の記者会見で「予算が自然成立してしまえば、参院の存在が疑われる」と強調した。

 国会空転のあおりは、予算関連法案にも影響を与えそうだ。参院で審議中の税制改正関連法案には国内産業を保護するため農産品など392の輸入品目に特定の関税を課す「暫定税率」の延長なども含まれ、3月中に成立しなければ「期限切れ」となる。新年度から始まる新たな待機児童解消策を盛り込む子ども・子育て支援法改正案は、まだ衆院も通過していない。

 与党は衆参で多数を占め、野党が欠席を続けてもこれらの法案を3月中に成立させる構えだ。ただ、野党は「強行採決」と訴える可能性は高く、与党内には改竄に関し佐川宣寿前国税庁長官の招致に限り応じるべきだとの声も出ている。(田中一世、水内茂幸)

このニュースの写真

  • 参院予算案審議、異例の少なさに…生活直撃の税制改正・待機児童対策も遅れ
  • 参院予算案審議、異例の少なさに…生活直撃の税制改正・待機児童対策も遅れ

「ニュース」のランキング