産経ニュース

移住希望のランキング、5位に上昇 若者のUターン希望者増加 新潟

ニュース 政治

記事詳細

更新


移住希望のランキング、5位に上昇 若者のUターン希望者増加 新潟

 新潟暮らし推進課によると、東京での同センターとの共催セミナーについて平成29年度は定員を従来の50人から200人に増やした結果、実際には約300人が訪れる反響があった。

 セミナーではあえて新潟色を出さず、地方暮らしに関心を持つ人が参加しやすいように配慮。「アウトドアに興味のある人には雪だけでなく、年間を通じてあふれる自然の魅力を訴えた」(松田隆志課長)と、内容を工夫したことも人気回復につながったようだ。

 情報センターへの相談は年々増えており、移住先を選ぶ際の条件として、働き先の確保を挙げる人が多くなっているという。

 昨年の移住希望先の1位は長野県で、前年の2位から返り咲いた。ここ5年のトップは長野、山梨の両県が毎年入れ替わっており、3位の静岡県を含めて首都圏からの近さから高い人気を保っている。

 このほか前年19位の福島県が8位、前年15位の富山県が10位に上昇。福島県はUターンの希望者や30代の相談が増えたといい、同センターの担当者は「東日本大震災の復興が進まない中、移住して力になりたいと思う人も多いのではないか」とみている。

関連ニュース

「ニュース」のランキング