産経ニュース

「カジノの悪影響制限を」公明党の検討部会で導入に慎重意見相次ぐ

ニュース 政治

記事詳細

更新


「カジノの悪影響制限を」公明党の検討部会で導入に慎重意見相次ぐ

 公明党は13日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案の検討部会を開き、カジノ導入について「悪影響をどう制限していくかが大事だ」などと慎重な意見が相次いだ。

 出席議員からは「カジノは大きな実験で、大きなリスクもある。世界最高水準の厳しい規制で臨むべきだ」との声も上がった。

 日本人客のカジノ入場回数上限を「週3回、月10回程度」とする政府案に対し、自民党は月単位のみの制限設定にするよう要求。この日の公明党部会では「1週間連続でカジノに通い続ければ、生活破綻の道を開きかねない」と、自民党への反対意見も続出した。

 政府、与党は3月中の法案提出を目指すが、自公両党の主張に隔たりが目立っており、4月以降にずれ込む可能性も出ている。

「ニュース」のランキング