産経ニュース

【防衛オフレコ放談】官邸が注目する軍事漫画「空母いぶき」 F35B導入で漫画のリアル追認できるか 

ニュース 政治

記事詳細

更新

【防衛オフレコ放談】
官邸が注目する軍事漫画「空母いぶき」 F35B導入で漫画のリアル追認できるか 

実写映画化されることになった「ビッグコミック」(小学館)連載の人気漫画『空母いぶき』 実写映画化されることになった「ビッグコミック」(小学館)連載の人気漫画『空母いぶき』

防衛大綱の焦点に

 最新鋭ステルス戦闘機F35Aの派生型にあたるF35Bは短距離の滑走で離陸でき、垂直着陸も可能だ。

 防衛省はF35Bを航空自衛隊に導入する検討に入っており、導入すれば空自新(にゅう)田(た)原(ばる)基地(宮崎県)に配備する案が浮上している。新田原基地に配備すれば中国による南西方面の離島侵攻に迅速に対応でき、滑走路の短い離島の民間空港を拠点に運用できるほか、平時の警戒監視にも活用しやすい。

 一方、海自最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」についてもF35Bを離着艦させられる空母に改修することも検討している。いずもが新田原基地から飛来するF35Bを搭載して東シナ海に展開し、離着艦訓練を行えば中国を牽制(けんせい)できる。

 こうした検討項目は政府が年内に改定する防衛力整備の基本指針「防衛計画の大綱」と31年度からの中期防衛力整備計画の焦点となる。F35Bの導入といずもの空母化の方針が打ち出されれば、空母いぶきで描かれる設定を追認することになるが、中国への抑止力と対処力の強化につながる意義は大きい。

このニュースの写真

  • 官邸が注目する軍事漫画「空母いぶき」 F35B導入で漫画のリアル追認できるか 
  • 官邸が注目する軍事漫画「空母いぶき」 F35B導入で漫画のリアル追認できるか 
  • 官邸が注目する軍事漫画「空母いぶき」 F35B導入で漫画のリアル追認できるか 

「ニュース」のランキング