産経ニュース

【30年春闘】定年延長や60歳超の処遇改善が焦点 労組の要求広がる シニア社員活用へ

ニュース 政治

記事詳細

更新

【30年春闘】
定年延長や60歳超の処遇改善が焦点 労組の要求広がる シニア社員活用へ

 生保大手の明治安田生命保険は31年4月から定年を65歳に引き上げる。現在は60歳の定年後に1年ごとの契約で嘱託社員として再雇用しているが、定年延長では65歳までの雇用を保障。給与は職務に応じて嘱託社員の2~3倍とし、処遇も改善させる。日本生命保険も33年4月の定年の65歳への引き上げを目指す。能力が高い社員は65歳を超えても働けるようにすることも検討している。

 定年延長や60歳以上の処遇改善は賃金引き上げと同様、消費拡大などにつながると期待される。政府も国家公務員定年を段階的に65歳に引き上げる方向で検討しており、官民で議論が広がりそうだ。

「ニュース」のランキング