産経ニュース

【森友文書】公明・山口那津男代表、書き換えに「立法府を軽視、断じて許されない」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【森友文書】
公明・山口那津男代表、書き換えに「立法府を軽視、断じて許されない」

 福島県内で開かれた会合であいさつする公明党の山口那津男代表=10日午後  福島県内で開かれた会合であいさつする公明党の山口那津男代表=10日午後

 公明党の山口那津男代表は12日、学校法人「森友学園」の国有地売却をめぐり、財務省が決裁文書の書き換えを認めたことについて「行政の信頼を失うものであり、誠に遺憾だ。国権の最高機関である立法府を軽視するもので、断じて許されない」と述べた。国会内で記者団に答えた。

 麻生太郎副総理兼財務相への野党側の辞任要求については「麻生氏に求められるのは国民や国会に対し、しっかり説明責任を果たす、尽くすことだ。失われた国民の信頼を回復するために、財務省の体制をしっかり立て直していく。これが急務である」と語り、早期辞任に否定的な見解を示した。

 野党側が審議拒否していることに関しては、「与党としても、しっかり政府の対応をただして国民の信頼を得られるよう議論を行っていきたい。国会の外で議論するのではなく、国会審議の中で国民にわかるよう、議事録で後世に残るよう議論してもらいたい」と注文を付けた。

「ニュース」のランキング