産経ニュース

日本人の危機意識 徹底討論 国際政治学者・三浦瑠麗氏VS外交評論家・岡本行夫氏

ニュース 政治

記事詳細

更新


日本人の危機意識 徹底討論 国際政治学者・三浦瑠麗氏VS外交評論家・岡本行夫氏

緊迫する国際情勢について議論した外交評論家の岡本行夫氏(右)と国際政治学者の三浦瑠麗氏 (飯田英男撮影) 緊迫する国際情勢について議論した外交評論家の岡本行夫氏(右)と国際政治学者の三浦瑠麗氏 (飯田英男撮影)

 岡本 公安に詳しい人々の間ではスリーパーが存在することは常識です。拉致の目的だって北朝鮮のスパイが日本人になりすますためだったと、金正日(ジョンイル)氏自身が日朝首脳会談で言ったじゃないですか。

 三浦 スリーパー・セルの懸念が専門家の間で現実的に捉えられるようになったのは、平成13年に九州南西沖で自爆沈没し、翌年に引き揚げられた北朝鮮の工作船の一件からでしょう。内部からRPG(対戦車兵器)を含む大量の北朝鮮製兵器と上陸用の小型高速艇が見つかったのですが、これらの武器は秘密裏に日本に運び込もうとしていたものと考えられ、従来の工作員とは違い、潜伏性の高い日本人として存在するセルがいるのでは、という懸念が高まりました。

 岡本 そのとおりですね。アルカーイダの工作員すら日本で活動していたことが、後になってドイツ当局の捜査でわかりました。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼する」という憲法の下で、日本人は「自分たちさえ悪いことをしなければ世界は平和だ」という錯覚に陥ってきたのではないでしょうか。

 三浦 そうですね。残念ながらそのような考えはテロリストには通用しません。私の発言とは別に、それをめぐるインターネットの議論の中で極端な意見やヘイトが見受けられたことは非常に残念です。ただ、スリーパー・セルに対する日本人の理解は深まったと思っています。専門家ではない多くの方々が戦争のコストに関する知識を得ることは、国民が無謀な戦争を抑止することに寄与すると考えています。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本人の危機意識 徹底討論 国際政治学者・三浦瑠麗氏VS外交評論家・岡本行夫氏
  • 日本人の危機意識 徹底討論 国際政治学者・三浦瑠麗氏VS外交評論家・岡本行夫氏

関連ニュース

「ニュース」のランキング