産経ニュース

【森友文書】与野党攻防の膠着状態が続く…野党攻勢強め事態打開の糸口みえず

ニュース 政治

記事詳細

更新

【森友文書】
与野党攻防の膠着状態が続く…野党攻勢強め事態打開の糸口みえず

 逆に野党は、森友問題をめぐる国会答弁で批判を受け、佐川宣寿国税庁長官が辞任したことでさらに攻勢を強めた。立憲民主党の福山哲郎幹事長は9日夜、自民党の二階俊博幹事長と会談し、佐川氏の証人喚問を要求。二階氏は「しっかり考え対応したい」と応じ、12日に回答すると伝えた。

 福山氏は、国政調査権の発動により財務省に資料を提出させることや、北朝鮮情勢に関する安倍晋三首相出席の参院予算委員会の開催なども求めた。

 会談後、同席した自民党の森山裕国対委員長は記者会見し、佐川氏の国会招致について「一般人になられたので招致は難しくなった」と述べた。国政調査権の発動も「むやみに発動していいものではない」と否定的な考えを示した。

 野党は、財務省が国会に提出したものとは別の文書の存否が明らかにならない限り、国会審議には応じない構えだ。立憲民主党国対幹部は「もはやチキンレースの様相を呈しているが、簡単に下りるつもりはない」と徹底抗戦する構えを崩さない。(田中一世、小沢慶太)

「ニュース」のランキング