産経ニュース

【北朝鮮情勢】日米首脳電話会談 非核化に向けた対話を評価 4月に日米首脳会談

ニュース 政治

記事詳細

更新

【北朝鮮情勢】
日米首脳電話会談 非核化に向けた対話を評価 4月に日米首脳会談

日米電話会談を受け、北朝鮮問題について訪米を表明した安倍晋三首相=9日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 日米電話会談を受け、北朝鮮問題について訪米を表明した安倍晋三首相=9日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 安倍晋三首相は9日午前、トランプ米大統領と約30分電話会談し、北朝鮮情勢をめぐり協議した。

 会談後、首相は記者団に対し「北朝鮮が非核化を前提に話し合いを始めると申し出たこと、その北朝鮮の変化を評価する。これは日本と米国がしっかりと連携しながら、さらには日米韓、国際社会が共に高度な圧力をかけ続けてきた成果だ」と述べ、トランプ氏ともこうした見解で一致したことを明らかにした。両首脳は、安倍首相が平成30年度予算案成立後の4月中に訪米して会談する日程でも合意した。

 電話会談は米側の要請によって行われた。トランプ氏は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談に出席した韓国の鄭義溶大統領府国家安保室長らから受けた会談内容の報告を首相に伝えた。

 会談でトランプ氏は「金氏が非核化にコミットしている。米国との間での平和を望んでいる。金氏自身がトランプ氏との対話を望んでいるとの説明があった」と語った。また、「北朝鮮の動きはこれまでの厳しい制裁や米国の軍事力を含む最大限の圧力の結果の成果だ。今後の状況を注視しつつ、自分としても金委員長と会う用意がある」と話した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日米首脳電話会談 非核化に向けた対話を評価 4月に日米首脳会談

関連トピックス

「ニュース」のランキング